読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極の敏感肌 VS 至高の敏感肌

美容マニアがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も気が向いたのでツルツル美肌になる方法を集めてみました

なんとなく書物で調べた限りでは、「全般的に美容液というのは、美容にいい成分の濃度を高めて、高い割合で投入した抽出物で、確実に欠かせないものというわけではないと思われますが、つけてみると翌朝目覚めた時の肌の弾力や保湿感の違いに唖然とするはずです。」と、いわれているようです。

それはそうと「セラミドを食べ物や美容サプリメントなどの内部からと、化粧水や乳液などの外部から取り込むということで、効率よく健康な肌へと持っていくことが叶うのではないかと思われています。」のようにいわれているとの事です。

例えば最近では「理想的には、ヒアルロン酸の優れた効果を実感するためには1日量として200mg以上摂取することが必要ではあるのですが、ヒアルロン酸を含む食材は異常に少なく、普通の食生活を通して体内に取り込むというのは難しいことだと思います。」だといわれている模様です。

私が書物で探した限りですが、「基本的に販売されている化粧水や乳液などの基礎化粧品や健康補助食品に入っているプラセンタは馬や豚の胎盤を原料としたものになります。安全性の面から言えば、馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが極めて安心できるものです。」な、いう人が多いようです。

なんとなくサーチエンジンで探した限りですが、「化粧水を顔に使う際に、基本的に100回手でパタパタとパッティングするという方法も存在しますが、このような方法はしない方がいいです。敏感な肌をお持ちの場合毛細血管を痛めることになり俗に「赤ら顔」と言われる症状の引き金となる可能性があります。」のようにいう人が多いそうです。

それゆえに、乳液・クリームを使わず化粧水だけにする方もかなり多いのですが、このケア方法は致命的な誤りなのです。保湿をきっちりとしないために皮脂の分泌が増えてしまったりニキビが出てしまったりするケースが多いのです。」と、解釈されているようです。

本日サーチエンジンで集めていた情報ですが、「美容効果をターゲットとして使用されるヒアルロン酸は、保湿に対する効果を基本概念とした化粧水や美容液のような化粧品類や美容サプリメントなどに利用されたり、非常に安全性が高いためヒアルロン酸注射という美容治療としても幅広く用いられています。」のように提言されているそうです。

私が書物で探した限りですが、「水分以外の人間の身体の約50%はタンパク質で形成され、そのうちのほぼ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンの持つ重要な機能として知られているのは身体や臓器などを構築する構成成分となっているということです。」だと解釈されている模様です。

なんとなく書物で集めていた情報ですが、「保湿成分であるヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンによって構築された網目状の骨組みの間をしっかりと埋めるようにその存在があって、保水する効果により、みずみずしく潤いに満ちた若々しいハリのある肌へ導くのです。」な、いう人が多いらしいです。

今日書物で集めていた情報ですが、「乳液やクリームなどの油分を含む基礎化粧品を控えて化粧水だけにする方も見受けられますが、そのケアは大きく間違っています。保湿をちゃんと行わない事でかえって皮脂が多く分泌されたりニキビが出やすくなったりということになるわけです。」のように解釈されているらしいです。