読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極の敏感肌 VS 至高の敏感肌

美容マニアがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も私が知ってるいきいき素肌ケアの事をまとめてみる。

なんとなく色々調べた限りでは、「セラミドは肌の潤いに代表される保湿の働きを向上させたり、皮膚から水分が逃げるのを確実に押さえたり、外側から入る刺激あるいは細菌や黴菌の侵入を阻止する役割を果たしてくれます。」のように解釈されているとの事です。

私が色々みてみた情報では、「化粧水をつける時に、目安として100回手で優しくパッティングするという指導をよく目にしますが、このようなケアはあまりよくありません。ストレスなどで肌が弱っていたら毛細血管が刺激されつらい「赤ら顔」の要因になる可能性があります。」だと提言されているとの事です。

なんとなく書物で探した限りですが、「化粧品の中でもとりわけ美容液のような高機能性のアイテムには、非常に高価なものもたくさんみられるためサンプル品があると便利です。期待した通りの結果が得られるかの評価をするためにもトライアルセットの活用が大切です。」な、いう人が多いみたいです。

そこで「話題のプラセンタが化粧品やサプリなどに利用されている事実は広く知られていることで、新しい元気な細胞を作り、新陳代謝を活性化させる効果のお蔭で、美肌や健康維持に素晴らしい効能を存分に見せています。」だと提言されているそうです。

素人ですが、書物で集めていた情報ですが、「世界史の歴代の伝説的な美しい女性と後世に語られる女性達がプラセンタを美容や健康と若さの維持を目指して使っていたとそうで、相当古い時代からプラセンタの美容への効果が認識されていたことが推測できます。」のように考えられていると、思います。

なんとなく色々集めていた情報ですが、「保湿の重要ポイントは角質層の潤いなのです。保湿成分がふんだんに使われた化粧水で角質層を水分で満たし、補充した水分量が逃げていかないように、乳液やクリームなどをつけることによって油分のふたをします。」だと公表されているようです。

さらに私は「保水作用を持つヒアルロン酸が皮膚の真皮内でたっぷりの水を保持しているおかげで、外側の環境が色々な変化や緊張感により乾燥した状態になっても、肌は滑らかなままで特に問題なくいられるのです。」と、いう人が多いようです。

このため私は、「、注意しなければならないのは「汗が少しでも滲み出たまま、強引に化粧水をつけてしまわない」ようにすることです。ベタつく汗と化粧水がブレンドされてしまうと気がつかないうちに肌に影響を与えてしまう恐れがあります。」だといわれていると、思います。

素人ですが、サイトで探した限りですが、「20代の元気な皮膚には十分な量のセラミドが保有されていて、肌も瑞々しさに溢れしっとりとした手触りです。しかし残念なことに、年齢を重ねるたびに肌のセラミド含量は低下していきます。」と、いう人が多いとの事です。

それならば、 今は抽出の技術が向上し、プラセンタの有効作用を持つ成分を安全上問題なく抽出することが可能になり、プラセンタの持つ様々な薬効が科学的にも証明されており、更に深い研究も進められています。」と、公表されているとの事です。